和歌山 田辺の超人気ポイント 天神崎オオバナ

和歌山県田辺にある天神崎の地磯です。天神崎は夕陽百選に選ばれていたり有名なので多くの観光客が来ます。

また手前の方は比較的安全な磯なので、ファミリーフィッシングや磯遊びに来られます。

今回はその天神崎の中でも人気の釣りポイントの1つの大鼻のご紹介です。

オオバナは天神崎全体でいえば先端の方になりますね。

天神崎自体低い磯なのですが、オオバナは更に先端の方ですので中潮~大潮の満潮時は道中が浸かってしまい行くことが困難です。

またオオバナ自体も大潮の満潮時や低気圧の影響がある時は完全に水没してしまいます。

北西にも非常に弱く冬場も荒れて釣りになりません。南の風なら多少吹いても釣りは可能です。

なかなか条件が合わないと1日釣りをするのは難しい磯ですが、魚影が濃く魚種多様で釣り人が多いポイントになります。

グレ、チヌ、アイゴ、コロダイ、イシダイ、イシガキダイ、ガシラ、アオリイカと釣れますが、潮がよければイサキ、マダイ、ハマチ、メジロ、キジハタも見たことがあります。

足元からかなり水深があり、渡船で磯へきているような雰囲気が味わえる磯ですね。




駐車場は広いので心配はないと思います。

車を停めたら磯の方へ歩いていくと遠くの方にオオバナが見えているので、人がいたら場所を変えるなど考えやすいですね。

ひたすら磯を先端向いて歩いて行きます。足場は磯にしてはかなりいい方です。

中潮以上の満潮時は天神崎の磯全体が海に沈むので、潮見表を見ながら行ってください。



途中オオバナへ行くには溝を渡らなくてはなりません。ここが干潮なら右から普通に歩いていけますが、潮が満ちていると写真前の岩を登って行かなくてはなりません。

たいした岩ではないですが、フカセや紀州釣りをする人にとっては結構な難所になってしまいますね。

2018年9月の台風の影響で岩の角度が変わって更に行きづらくなっています。

この溝を渡れば先端はすぐです。

道具は磯の真ん中が少し高いので、そこに集めて置いておき出来れば荷物を浮かす道具などがあったほうがいいですね。

潮位だけが気になりますが、足元は非常によいのでおすすめの磯です。

動画で行き方も紹介しています。

スポンサーリンク

フォローする