トヨタのハイブリッド アクアのオイルとエレメント交換方法

取説にはオイル交換は1万キロ~1万5千Km、または6ヶ月で交換と書いていますが、通常車のことを考えると5000キロほどで交換しておきたいものです。

今回はTOYOTA AQUAのオイルとオイルエレメント(オイルフィルター)の交換していきたいと思います。

ハイブリッドなのでモーターのみで走行している距離も考えると、6000Kmほどで交換でもじゅうぶんかと思います。

自分でオイル交換をするメリットについてはこちらも読んで頂けたらと思います。

量販店や車屋、ディーラーまたは自分でオイル交換した時の値段の比較です。

自分の点検整備で走ってくれる車には愛着がわきますね。是非この機会にチャレンジしてみてください。




それでは作業を始めて行きます。

まずはジャッキアップをしてオイルを抜きます。タイヤ交換用のジャッキしかない人は運転席側を上げたほうが、自分が入るスペースが確保出来ます。

フロントバンパーの下に潜り込んだら、運転席側向きにあるのがオイルを抜くドレンボルトになります。

左に回して外します。

外すとオイルが飛び出しますので、下には受け皿もしくはオイルをゴミに出せるポイパックなどでオイルを受け止めます。

運転してすぐにオイル交換をすると火傷してしますので、少しエンジンを冷やしてからにしてくださいね。

オイルが抜けるのを待っているあいだにオイルエレメントも外していきましょう。

すぐ近くの上側にエレメントがあると思います。エレメント自体がネジになっているので、回して外します。

力のある人なら手で外せるかもしれませんが、回らない場合カップ型のフィルターレンチが必要になりますね。

少しレンチで緩めたらあとは手で簡単に外せます。

途中オイルが横から溢れ出してくると思いますので、ゆっくり外していきましょう。

ここからオイルが抜けるまでしばらく待ちます。

オイルが抜け終わったら、ドレンボルトやエレメントがついていた付近を軽く拭いて清掃しておきましょう。泥やオイルのカスが噛んでしまうとオイル漏れの原因になってしまいます。



次にボルトとエレメントをつけていきます。

ドレンボルトのパッキンは1度使うと潰れて変形してしまうので、毎回交換が理想ですが2回連続くらいならオイル漏れは今までないですね。

新品のオイルエレメントを取り付ける時にはふちにオイルを塗っておけば、油膜で漏れを防いでくれます。

ドレンボルトは外れない程度に締めれば大丈夫です。全力で締めてしまうとオイルパンが潰れてしまうので、ボルトが閉まらなくなり修理代がすごいことになってしまいますので、ここだけ注意です!!

同様にオイルエレメントも全力で締め付ける必要はありません。だいたい本体と車が接地して4分の3回転など説明が本体横に記載されています。

自分はだいたい手で全力で締めて、フィルターレンチで少し締めるといった感じにしています。

取り付けが終わったらエンジンオイルを入れていきます。

オイルを入れるところはここですよ~

アクアは粘度0w-20または、0w-16をオイルフィルター交換時3.7L オイル交換のみ3.4Lですので、3.7L入れます。

入れ終わったらオイルを循環するためにアイドリングしばらく行い、オイルレベルゲージで適正値までオイルが入っているか確認します。

これで作業は終わりです。

動画でも確認できます。

ハイブリッドだからアイドリングしてくれない!その時はメンテナンスモードへ入れよう!

ハイブリッド車のエンジンを止めたくない時にはメンテナンスモードに設定してみましょう。 動画も載せています。

スポンサーリンク

フォローする