ハロゲンのアクアをバラスト型一体型HIDに交換してみる

今回バラスト一体型の後付けディスチャージ(HID)というのを発見しましたので、トヨタのアクアをHID化してみました。

前回アクアを後付けLED化したばかりですが、もう少し明るさが欲しくなったのと取り付けが楽なバラスト一体型というのが気になり購入してしまいました。

LED化の記事はこちら

トヨタのアクアのヘッドライトをLEDに交換してみました HIDと悩んだのですが、明るさよりカットラインや光軸にこだわりたかった...




買った商品は

MTK バラスト一体型 MINIオールインワンキット

純正色が良かったのでH11の4300Kを選びました。

とても安かったので不安でしたが、評価はそこそこだったので注文。届いたのがこちらです。

バラスト一体型ですので、配線があまりなくコンパクトな箱ですね。

開封してみるとバラストとバーナー(電球)あと説明書だけ。

バラスト一体型とのことですが、一応バーナーとバラストは差し込むタイプになっていて分離しています。

バーナーをケースから出したら、白と茶色のパッキンが付いていました。

白いのは取り外し、茶色のパッキンを正しい位置に装着しました。

バーナーを先にヘッドライトに取り付け、バラストを差し込めば完了です。普通の電球交換とほとんど作業は変わらない感じでとても簡単です。

ヘッドライト裏が広い車種なら、写真のように先にバーナとバラストを取り付けてからでも、ヘッドライトへ装着可能です。

数年前に買った格安のHIDはグレア光が酷かったですが、こちらは安いわりにカットラインが綺麗に出ています。

色合いも白すぎず黄色すぎず、4300kといった感じです。



取り付けてみて

リレーレスだったのでヘッドライトの球の交換をしたことある方なら、誰でもHIDにできる商品だと思います。作業時間も10分ぐらいで終わるのが良いところです。

バラストが四角でバーナーの裏につくので、ヘッドライト裏にスペースがない車だと取付が困難な場合と完全に無理な車種もあると思います。

使用についてはLEDより明るくなり見えやすくなりました。またカットラインも出ているので、光量があっても対向車に迷惑をかけないことがいいですね。

あとはこちらの商品の耐久力次第ですね。純正バルブはもちろんLED球も球切れはなく使えていたので、この商品が長く使えたらいい買い物だと思います。

スポンサーリンク

フォローする