ボートエースのサイドフロートテスト!ついでに沖磯で釣り

前回ボートエースに取り付けたボートフェンダーサイドフロートを試しに行きました。

一応自作した記事

ボートエースの安定が悪いのでサイドフロート取り付けです。 ちょうどいいボートフェンダーなるものが売っていましたので使ってみました。

そろそろ暖かくなってきたし、この日は風もあまり吹かない予報。

取り付けは簡単ですが、車の荷台にフロート入れるとかなり邪魔なので取り付けたままカートップです。

このボートフェンダー片方で1~2キロあるようなんで、1番軽いタイプのボートエースですが結構重くなってしまいました(;_;)

それでも背負えばなんてない重さ。

それにこのまま出船できるしまぁ楽かな~。

今回ボート釣りを楽しみたかったんですけど、もしフロートが役立たなかった場合そのままでは安定がなさすぎて帰る事になってしまうので、磯釣りの用意をしてきました。

成功なら少し沖にある磯まで渡って釣り。

失敗なら地磯で釣りしようって考えです(^^)




準備して乗り込みます。

浜辺から乗る瞬間と降りる瞬間が1番緊張ですが・・・

なんと!今回サイドフロートのおかげで安定して乗ることが!

水面も覗けるように!笑

フロート無しだと海の中を覗いたり水くんだりすると転覆なのでNGでしたが、全然大丈夫になりました。

フロートとしては小さいから浮力どうなんだとう?と思っていましたがすごいものですね。

このコンパクトな感じがオールと絶妙な距離をとっていてイイ感じです。

漕ぐのにギリギリあたらないので全力でオールが使えます。

サイドフロートとしての役割を果たしていることが分かったので、少し沖にある磯に渡って釣りします!

このボートフェンダーちょっとやそっとでは穴が開かないので磯に渡るときも安心です。

ボートが軽いので係留道具がいらないのが楽チン。



漁港や地磯では餌取りだらけですが少し沖なせいなのか?それとも水温のせいか?この日は餌取りはあまりいなくて冬の釣りでした。

紀州釣りの用意で行ったけどフカセでも行けたかな(T_T)

せっかくボートまで出したけどヘダイカワハギだけでした。

帰り砂浜でおっちゃんが「渡船やってない磯は餌やるもんいてないから魚ついてないんとちゃう~」と励ましてくれました~(´ω`*)

そうやったらいいけど・・・

フロートのテストは成功なんで今度はボート釣りです!

スポンサーリンク

フォローする