アクションカメラをパソコンに接続して見たり保存してみよう

アクションカメラで撮影したら本体から動画を確認することもできますが、カメラ本体の液晶は小さいしPCに繋いで画面より見てみましょう。

とても簡単で説明はいらないかもしれませんが、まず用意するものはパソコンとカメラを接続するケーブルですね。

充電用ではなくデータ通信可能のものを用意してください。




自分のはパソコンの方はUSB端子でアクションカメラにはMicroUSB。スマートフォンと同じタイプです。

ご自身のカメラの端子にあった線を買います。

これは最近良くみるネットで売っている格安カメラです。この手はだいたい横にありますが、メーカー品などは蓋を開けたところにあったりしますので、探してみてください。

接続してみる

パソコンが認識したらクリックしてファイルを開きます。

自分のカメラの場合は、自動で写真と動画のファイルが作られています。

見たい場合は好きなファイルをクリックすれば再生が始まります。

再生しない場合

動画はMOVファイルで保存されるカメラとMP4ファイルになるものと機種によって分かれるようです。もし再生されない時はMOV形式を再生できるプレイヤーがパソコンに入っていないのかもしれませんので、ダウンロードしてください。

静止画はJPEGで、動画がMP4で保存されている場合は問題なく見ることが出来ると思います。



コピーして保存する

最近のSDカードの容量は大きくなってきていますが、4Kや2Kで撮影しているとあっという間に容量を使い果たしてしまいます。

せっかくなら良いシーンや残しておきたい動画をパソコンに保管しておきます。

基本アクションカメラは撮り続けると、古い動画を上書きしていくかと思いますので、保存作業は早いほうがいいですね。

方法はすごく簡単で、カメラの中のファイルをパソコンの好きな所にドラッグ&ドロップするだけでコピー出来ちゃいます。

これから編集なども考えている方も動画がなくては出来ませんので、ハードディスクなどに保存していくようにしてみましょう。

スポンサーリンク

フォローする