パンくずリストの問題が新たに 検出されましたの対処法-Simplicity

ワードプレスのテーマ「Simplicity」でブログを書いています。

今回は「パンくずリスト」関連の問題が 1 件検出されました。とメールがありました。

アフィリエイトをしているとこういった連絡が来るたびにすごく不安になります。

初心者の自分に解決できるのかと・・・

警告内容data-vocabulary.org schema deprecatedと書かれていますが、何のことかさっぱりわかりません。

ですが修正しないと検索結果に影響する場合があります。とのことですので、放っておくことはできません。

全部の記事が問題になっているようなので、ブログ自体の構造に問題がありそうです。

少し調べて素人なりに理解したのが、4月6日までにパンくずリストの構造データをdata-vocabulary.orgからschema.orgにした方がいいとのこと。

何やらこれからはschema.orgというのが推奨されるようになるようです。

検索結果に影響しそうですので、コードを書き直さないといけないなぁ。




simplicityだとアップデートで解決

通常、テーマやテンプレート、PHPをいじって変更しないといけないのですが、ワードプレスのシンプリシティの場合、アップデートすればパンくずリストの問題を解決できるようです。

ワードプレスのテーマの場合、他にもアップデートで解決する場合があると思うので確認してみましょう。

最新版2.8.5.1ダウンロード

対策バージョンのシンプリシティをダウンロードします。

アップデートの簡単なやり方

アップデート作業をしているあいだはメンテナンス中とするテーマ「Smooth Update」をダウンロードします。

有効化すればメンテナンス中となります。

そのあいだにアップデートしていきます。

外観 → テーマ → 新規追加 → ファイルのアップロードにsimplicity ZIPファイルを入れてインストール

新しいシンプリシティのバージョンをインストールできたら古いバーションは削除します。

シンプリシティを使っている方なら子テーマを使ってカスタマイズしていると思いますので、子テーマを有効化するとメンテナンスは終わりです。

子テーマを使っていない場合は今回の最新バージョンのテーマを有効化したあと、好きなようにカスタマイズされるといいかと思います。



サーチコンソールから問題を検証

アップデートすれば問題の検証すれば数日たてば問題が解決できます。

自分の記事は170ほどでしたが、1月24日に検証~2月5日に解決といった感じでした。

まとめ

ワードプレスでは「simplicity」以外でも対策版のバージョンが出ているかもしれませんので、調べてみる価値はあると思います。

他のブログではテーマ、テンプレートのパンくずリストコードをdata-vocabulary.orgからschema.orgに全て変更する作業をしないと今回の問題は修正されません。

検索結果に影響があるかもしれないとの事ですので、日記感覚で書かれている方は放っておいても問題ないでしょうが、アフィリエイトとしてブログをやられている方は4月までに対策をされた方が良さそうです。

スポンサーリンク

フォローする