トーハツ2スト5馬力 ギアオイル交換方法

トーハツの2スト5馬力のギアオイル交換方法です。

トーハツは2ストも4ストも5馬力はギアオイル量が195mmだそうです。

プロペラ付近を横から見たらオイルのボルトが2本ついています。

下のボルトを外したらオイルが出てきますので完全になくなるまで待ちます。

抜いている途中に上側のボルトも外しておきます。

上側を外すとオイルの抜けるスピードがアップします。

抜けているオイルが白く濁っていたら海水がどこからか入っているので要注意です。

ボルトのパッキンの劣化、プロペラ奥のリングの劣化、インペラケース下のガスケットの劣化等が考えられるので交換が必要となります。




残念ながら専用のガスケットやパッキンはもう販売されていませんので、ホームセンターで代用品を探すかガスケットシートで自作するかしないといけません。

分からない方はマリンショップまたはお近くのバイク屋さんに相談すると直してくれるかと思います。

古い船外機はギアオイルが汚れて交換するってよりも、海水が混入してないか心配だから交換するって感じでこまめな交換がいいと思います。

ギアオイルの入れ方ですが、下から注入して上の穴からオイルが出たら規定量となります。

この辺は2馬力の船外機と同じでした。

以前撮影した動画です。

参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする