アクアでボートを牽引できるのか?ヒッチメンバー取り付け

カートップでは不安定なボートを買ったので、軽トレーラーをひけるようにアクアにヒッチメンバーを取り付けしようと思います。

ハイブリッドでコンパクトカーなので牽引にはかなり不向きだと思いますが、一応アクア用のが発売されているので買いました。

ヒッチメンバー自体は最大垂直重量90kg、最大牽引能力900kg。

アクアは牽引可能な牽引能力という強度計算書を作って陸運局へ車検証の変更をしに行ったところ、トレーラーにブレーキがついていないタイプで540Kgまでの許可がおりました。

車検証の変更方法は牽引装置ヒッチメンバーを取り付けたので950登録を陸運局でするを参考にしてみてください。

ヒッチメンバーを取り付ける前でも大丈夫です。

さて今回は軽トレーラーの重さが90kg、ボートが70kgなんで160kgなら何とか牽引できるかなと思い、ヒッチの取り付けをしていきます。

CURTというメーカーのヒッチメンバーとボールマウントセットを注文しました。

大きな箱にヒッチメンバー本体と取り付けボルトが付属されていました。

ボールマウントとヒッチピンはまた別の箱で届きました。




寝転びながらの作業はつらいので、前に作った自作オイル交換スロープに乗り上げて後ろを浮かしてから作業しますw

下から覗くと黒いカバーがあるのでピンを取って外します。

これがあったら邪魔で取り付けません。

このピンは新しいと簡単に抜けるのですが、朽ちていてカチカチで破壊するような感じで外しました。

このパーツはもう使わないのですが、バンパーを最後ピンで止めるのに2つは生き残りが欲しいところ。

左上と右上にあるボルト3か所ずつ外します。

向こう側のネジ穴は溶接なので押さえがいらないので楽ちんです。

重要なボルトでずれたりしたらどうしよかなと思いましたが、全然ずれる事もなく大丈夫そうです。

外したら付属しているボルトとワッシャーでヒッチメンバーを取り付けます。

本体が結構重いのでボルトがかむまで浮かしているのが結構大変です・・

もし誰か手伝ってくれる人がいるのなら、ここは持ってもらったら簡単です。



もう少し太いのを想像してましたけど、M8のボルト6本だけで固定って大丈夫なんですかね(^^;

取り付けてたら分かると思いますが、ワッシャーには向きがあるから注意してください。

これも裏側押さえなくていいから楽ちんです。

トルクが分からないのでm8くらいのボルトなんで、全力で締めるのはやめておきました。

きちんとしたい方はトルクレンチでお願いしますw

バンパーにピンを戻したらヒッチメンバー本体の取り付けは終わりです。

ネジ6本での取り付けですが、全体重をかけて引っ張ってもビクともしないくらいかちんこちんに取り付けできました。

まぁ人間の手でグラつくくらいならボートなんか無理ですもんね。

一応買ったヒッチメンバーはこちらです。

ボールマウントはあるけどヒッチボールはありませんので注意です。

本体の取り付けは簡単だったけど、次は面倒くさそうな配線をやっていこうと思います。

良かったらアクアにヒッチメンバー取り付け!配線取り出し編もみて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

フォローする