営業車やトラック乗りには便利な格安FMトランスミッターの紹介

営業車やトラックドライバーにはとても便利なFMトランスミッター。

スマホの音楽を車のナビやオーディオに飛ばして車のスピーカーから流すことができるという機能。

テレビやアマゾンビデオ、DTV、Dアニメ、スマホから出力される音は全て車のスピーカーから流すことができていて便利でした。

スマートフォンに数年前まではその機能が内蔵されていたが、Bluetoothの普及で最近のスマホからはトランスミッター内蔵の機種がなくなってしまいました。

Bluetoothの搭載されていない営業車やトラック、レンタカーをよく利用する方にはこの機能は必需品です。

今回は機種変更してトランスミッター機能がなくなってしまい、どうしようと思っていましたがこんな商品を発見したので買ってみました。

シガーソケットのUSBポートとマイク内蔵格安FMトランスミッターです。

マイクも搭載されているので、ハンズフリーとしても使用可能なようです。




付属品

説明書とイヤホンジャックが付属されていました。

スマホとのペアリングは説明書を見れば簡単にできるようになっています。

イヤホンジャックはトランスミッター本体に出力端子が出ていますので、オーディオに入力端子があれば有線での接続も可能となっています。

USBポートを2つ搭載

トランスミッターをシガーソケットに差さないといけないため、充電器が差せない!とならないようにトランスミッター本体にUSBポートが2つ付いています。

片方はUSBメモリも読み込む事が可能(32GまででMP3)

最大2.1A対応とのことでしたが、対応の充電コードで試した結果、通常30分で30%ほど充電されるスマホでしたが、こちらのトランスミッターのUSBポートで充電したところ30分で10%ほどしかされなかった。

日常の充電器にも使えるかというと厳しいかもしれないですね~。



音質や音量について

周波数は結構選べるので混線しない周波数を選べば、結構綺麗に音楽を聴くことができました。

長距離を移動の際は走っていてノイズがひどくなってきたら、周波数を変えるという作業が必要になってきますね。

音量はスマホとトランスミッター本体のボリュームをMAXにしていれば、ちょうどいいかなという感じでしょうか。

ハンズフリーとして使うにはこちらの声は相手には届くが、向こうの声が少し小さく自分の場合は走行音で聞き直さないといけないシーンが何度かあったので、日常的に使うには少し厳しい感じがしました。

反対側はボリュームボタンやミニジャック

最大のデメリット

ハンズフリーで使えたら良かったのだが、相手の声が聞き取れないため別のイヤホンタイプのヘッドセットを使用しています。

Bluetoothのペアリングは1機しかできないため、音楽を聴いている時に電話がなればヘッドセットにペアリングを切り替えなければならない。

これは運転中だと出来ないし、停車中でもペアリングの切り替えに時間がかかってしまえば相手のコールが終わってしまうというかなりのデメリット。

またはコール中に

トランスミッターをシガーから抜く → ヘッドセットの電源を入れる → 電話を取る
これをしなければハンズフリーの通話ができない。

使ってみて

結構デメリットを書いてしまいましたが、スマホの音楽を車のスピーカーから流せるのは営業車やトラックではかなり嬉しいことです。

長距離移動などでは必ず使用する商品となっています。

これでハンズフリーの相手の声がはっきり聞こえてくれてたら良かったですが、電話はかけ直すつもりで割り切って使っています。

スポンサーリンク

フォローする